美容皮膚科

◆美容皮膚科

 
シミ・ソバカス
ほくろとり
ピアス穴あけ
美容レーザー治療
医療レーザー脱毛
ケミカルピーリング
   
  * その他の疾患もあります

 


最も相談の多いひとつである 「シミ」 について考えましょう
image
 一般に「シミ」といわれる疾患は医師側からは肝斑と言われますが、患者さんからの「シミ」にはさまざまな色素沈澱が含まれています。悪性黒色腫(ほくろのガン)、基底細胞衆腫などの悪性腫瘍、老人性色素斑、雀卵斑(ソバカス)、花弁状色素斑、肝斑、色素沈着型接触性皮膚炎などさまざまです。まず悪性の腫瘍を良性のシミと鑑別するのは当然のこととして、ここでは腫瘍以外の色素沈着をしめす疾患の臨床と原因、治療について簡単に述べておきます。 レーザーによる治療風景
上の写真の説明 レーザーによる治療
image

◆老人色素班

image
 40歳代以降の顔面や手、背中の日光の当たる部位にできる境界のはっきりした数ミリから数センチの淡褐色から黒色のシミを指します。これは紫外線により生じるための小児期からの紫外線防御が大切です。
 治療は美白剤、ケミカルピーリング、液体窒素、レーザー治療などがあります。特にレーザーが優れた効果をあげます。
レーザーマシーン右の写真の説明 レーザーマシーン写真
image image image
image

◆雀卵斑(ソバカス)

image
 思春期に目立つソバカスは、顔面にできる5ミリ以下の茶色のシミで白色の人に遺伝します。紫外線で色が濃くなり、数も増えます。この症状に対する有効な方法はないのですが、紫外線防御が重要となります。
image

◆花弁状色素班

image
 海水浴など短時間に強い日焼けをした後で、肩から背中にかけて現れる多数の小さな茶色のシミです。
 治療は、液体窒素、レーザーがありますが、やはり、レーザーが有効です。
image

◆肝班

image
 中年女性の頬骨の上や頬などに左右対象にできる大きな形のシミで色の濃さもさまざまです。これはホルモンの関与が与えられ、妊娠で目立つようになり、紫外線、経口避妊薬でも増えます。
 治療は、紫外線防御はいうまでもありませんが、美白剤、ビタミンCやE、トラネキム酸の内服があります。ただ、レーザーは逆に悪化の恐れもあるようです。
image

◆色素沈着型接触性皮膚炎

image
 中年女性の顔面に見られる網目状の灰紫褐色のシミです。化粧かぶれなどによる長年の刺激の繰り返しが原因となっているようです。
 まず、原因となる化粧品の中止が必要です。赤みがある時は、ステロイド外用剤を用い、色素沈着には美白剤、ビタミンCやE、トラキサム酸などの服用を行います。
 このように一言で「シミ」といってもさまざまな疾患があるのです。
そして、疾患により原因、治療がまったく異なります。まずは、気軽に専門医に受診し、相談されることが良いかと思われます。
Copyright(c) 2011-2013 たんぽぽ皮膚科クリニック All Rights Reserved.